Make your own free website on Tripod.com

英語のWindows XPを日本語対応にする方法

どのメーカーのデスクトップでもラップトップ(ノートブック)でも
Windows XPが入っていれば IMEの言語パッチなどとは違い
日本語版Windowsと同様にすべてのプログラムで日本語が利用できます

設定は:

まずControl Panelを開きRegional and Language Optionsをダブル・クリックします

次に真ん中のタブ「Languages」を選択してから
一番下の「Install Files For East Asian Languages」にチェックを入れてOKをクリックします

必要なファイルのインストールが終了してリブート(再起動)が済んだら
さっきと同じタブへ戻り 今度は一番上の「Details」を選択します

中央の「ADD」をクリックして「Imput Language:」をJapanese
「keyboard Layout/IME:」をMicrosoft Natural Imput 2002 version 8.1を選択します

それから同じタブの上部にある「Default Imput Language」で
Japanese - Microsoft Natural Imput 2002を選択します

あとは同じタブの左下にあるLanguage Barのオプションを適当に選び
さらに上部のタブから「Advance」を選び「Language For Non-Unicode Programs」
でJapaneseを選ぶと終了です

日本語と英語の切り替えは「Alt+~」で切り替えるか
タスクバーにあるランゲージ・バーで切り替えることが出来ます

日本語のソフトやインターネット/Emailも問題なく日本語で利用できます

XPの日本語設定が終われば、英語版Office XPもそのまま日本語が使用できます
OSもOfficeも日本語版を購入する必要はありません

難しいようでしたら $20.00で設定をいたしますので
お気軽にご連絡ください

PC Annex
20920 S. Normandie Ave.
Torrance, CA 90502